日常健康チェック

男性更年期

男性更年期とは?

sutoresu更年期障害といえば、多量の発汗、のぼせ、耳鳴り動悸、頭痛、めまいなどが現れる女性特有の病気と思っていませんか。
ところが、男性にも「テストステロン-男性ホルモン」が減少することによって「男性更年期障害」が起き、最近急増しているのです。
成熟期から老年期に移行する過程で性腺機能が変化するのに対して、肉体や精神が適応していく時期と考えられています。
女性の閉経による心身の変調と直接結びつくような兆候が無いので、性欲減退やED(勃起不全)だけが男性更年期と思っていませんか?
男性の更年期年齢は30代後半~50代と言われており、この時期にいろいろな心身の変調を来たし、自律神経失調症や神経症状が現れ、更にストレスなどが加わり種々の症状が現れます。
具体的な症状としては、多量の発汗、のぼせ、疲労感、筋肉痛、うつ状態、めまい、動悸,性欲減退、集中力・記憶力低下、など様々です。更に、血中のコレステロール、糖尿病、高血圧などにも悪影響を及ぼすことがあるといわれています。

どうしたらよいの?

男性更年期とは、加齢に伴って生じる男性ホルモンの低下及びそれに付随する身体の変化ですから、男性ホルモンの補充療法が主となります。多くの人はこれで改善しますが、効果が認められない場合は、心療内科等でのカウンセリングも有効です。

男性ホルモン療法にあたっては、医師及び薬剤師の指示に従って下さい。
服薬に際して、体に変調を来たしたら、すぐに医師・薬剤師にご相談下さい。