日常健康チェック

ニキビ

ニキビ(尋常性挫創)とは?

nikibi「青春のシンボル」とも言われるにきびは、その言葉通り思春期の男女の顔面、前胸部、背部に好発する毛包脂腺系の慢性炎症性疾患です。
思春期になり、男性ホルモンが活発に活動を始めると皮膚の皮脂腺を刺激し、毛穴より盛んに脂肪分(皮脂)を分泌します。男性の方が女性よりニキビが出やすいのは当然ですが、女性も生理の前にニキビが増える人がいますが、男性ホルモンが増えたのではなく、生理前は男性ホルモンと女性ホルモンとの比が高くなるからです。
盛んに分泌された皮脂は、角質層を厚くして毛穴を塞ぐので、皮脂が毛穴につまり、これが詰まりニキビのもとになります。
皮膚には、ニキビ桿菌(Propionibacterium acnes)という菌が常在し、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として急速に増殖します。
汚れた手でニキビをつぶしたりすると、他の細菌も入り感染を起こしたり、ニキビを悪化させる原因ともなります。
治った後、瘢痕が残りやすいので気をつけましょう。

どうしたらいいの? 治療と予防

ニキビは毛穴が塞がることにより出来るので、洗顔の励行が第一です。洗顔 により余分な皮脂を取り除き、常に皮膚を清潔にしておくことが最も重要な治療であり、予防でもあるのです。
頻繁に洗顔しすぎると、皮膚の脂肪分を下げてかえって皮脂の分泌が盛んになるので逆効果です。
更に、睡眠不足、ストレス、過労などは避け規則正しい生活態度が大事です。
軽症の場合イオウを含む外用薬や非ステロイド系外用薬、重症の場合は細菌感染が絡む場合が多いので抗生物質・抗菌薬が併用されます。
とにもかくにも、肌を清潔に保つことが肝心です。
にきびも立派な病気です。街の薬局で買い求めた薬の効果がいまいちの時や、痛い、痒い、膿がでる、見た目が気になるなどの症状があったら早く専門の病院で診てもらってください。

医薬品の使用にあたって、医師や薬剤師の服薬指導を十分守ってください