日常健康チェック

蕁麻疹

じん麻疹とは?

jinmasinじん麻疹の症状は通常一過性に出現し、皮膚の発赤や浮腫(皮膚の表面近くに発生する)、強い痒みを伴うことが多い。
じん麻疹は通常次のように分類されます。
浮腫とは何らかの原因で血管から水分があふれ出して、その周りが水ぶくれ状態になったもの。

  • 急性じん麻疹:発赤や腫脹、浮腫が一ヶ月以内に消えるもの
  • 慢性じん麻疹:発赤や腫脹、浮腫が一ヶ月以上続くもの

原因別にみると

  • アレルギー性じん麻疹:食物、食品添加物、薬剤などによるアレルギー反応を介して、じん麻疹を引き起こすもの
  • 機械的じん麻疹:圧迫、摩擦などの機械的誘引によるもの
  • 寒冷じん麻疹:寒気、冷水、にさらされた時に生ずるもの
  • 温熱じん麻疹:温熱により生じる
  • 日光じん麻疹:日光照射部位に生ずる
  • コリン性じん麻疹:疲労、精神的緊張などストレスにより生ずる
  • 接触じん麻疹:皮膚の表面より浸入した科学物質によって生ずるなどが原因で発症するが、特に慢性じん麻疹の場合8割以上は原因を明らかにするのは困難だと言われています。

 

どうしたらよいの?

まずは、原因になるものを除去するのが最も効果的ではあるが、食物性のものなら食べなければよいし、また他の原因なら近づかない、近よらないようにすればよい。
しかし慢性じん麻疹では、原因が特定できない場合が多いので実際には非常に困難です。
一般にお酒はじん麻疹を悪化させることが多く、また睡眠不足、疲労、精神的ストレスも蕁麻疹を悪化させるので、一日の生活リズムを一定にし睡眠を十分とり、暴飲暴食を避けるなどの注意が肝心です。

 どんな治療があるの?

抗ヒスタミン剤が主体として使用されます。最近は抗ヒスタミン作用に加えて、ヒスタミンの放出を抑制する薬剤も使用されます。
また、症状に応じて数種類併用されることもあります。
一般に抗ヒスタミン剤は、副作用として眠気を催す薬剤があるので自動車の運転や機械操作には十分注意して下さい。
最近は眠気の少ない薬剤も開発されてきています。医師にその旨お願いしてみましょう。

☆抗アレルギー剤の服用に際し医師・薬剤師の指示をしっかり守りましょう。