日常健康チェック

わきが

腋臭症(わきが)は病気?

wakiga治療法には内用薬、外用薬を用いる方法や手術などがあり、健康保険にも一部適応になりますから、命には関るほどでないにしろ一種の病気といえます。
汗ばむ季節になると、他の人から「わきの下の臭いが強い」などと言われたことがある人にとっては憂鬱な季節です。
自分では、気づきにくい「わきの下の臭い」だけに、他の人から言われるだけに、傷ついてしまうこともあるかもしれません。

どうして臭うの?

汗を分泌する腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という二種類の分泌腺があり、その働きや分泌される汗の成分に違いが有ります。臭いの原因は、この汗にあります。エクリン腺は体全体に分布していて、上がりすぎた体温を冷やすために働き、その成分はほとんどが水分で、少量の水分を含み色も透明に近い。
それに対しアポクリン汗腺は腋窩(わきの下)、乳輪、陰部、外耳道、臍、鼻など身体の一部にしかありません。
精神的な緊張が続くと、汗を分泌します。「冷や汗をかく」のは恐らくアポクリン腺からでしょう。
こちらは蛋白質、糖類、アンモニア、脂質、脂肪酸などの臭いの元になる成分が含まれ、赤味や乳白色ががった液体です。
腋窩には、ブドウ球菌やグラム陰性桿菌などが常在していて、汗の成分を分解し更に強い臭いを発散するのです。
これが、腋臭症「わきが」です。
かなりの割合で遺伝するとも言われます。
アポクリン汗腺の活動は、思春期から始まり、熟年以降、老化で衰えるまで続くといわれます。

どうしたらよいの?

まずは、常に体を清潔に保つのが重要です。食べ物も刺激臭の強いものは避けましょう。
治療法としては、まずは、汗の分泌を減らすこと、細菌の繁殖を抑えることがあります。
そのために塩化アンモニウム、抗生物質の外用薬を使います。ほかに、外科的な治療法もありますが、100%腋臭をなくすのは困難のようです。
腋臭が気になる方は、とにかく専門医に診てもらうことをおすすめします。

かかりつけ医、かかりつけ薬局で十分相談し、服薬指導を守って下さい。