くすり関連

くすりの保管方法

幼児・小児の手の届かないところに保管する。

もっともこわいのは乳幼児誤飲です。そのおそれのある場所に薬を放置しないように注意しましょう。 不要の薬を捨てるときも子供の目に触れないように処分することが大切です。

湿気、日光、高温を避けて保管する。

薬は湿気、光、熱によって影響を受けやすいものです。栓を固くし、直接日光にあたらず、暖房器具から離れた場所に保管しましょう。

薬以外のものと区別して保管する。

誤用を避けるために、飲み薬とぬり薬は区別して保管しましょう。また、農薬、殺虫剤、防虫剤などといっしょに保管してはいけません。

他の容器に入れかえはやめましょう。

薬を使い古しの他の容器に入れかえることは、内容や使い方がわからなくなり誤用や事故のもとになります。

古い薬の使用はやめましょう。

薬には有効期間が表示されているものがあります。期間を過ぎたものは捨てましょう。また、古い薬や外観に異常があるような薬については、使用前に医師・薬剤師に相談しましょう。

厚生省・日本薬剤師会・千葉県薬剤師会パンフレットより引用