松戸市薬剤師会

医薬分業について

iyaku_bungyou_1医薬分業とは、病気になり医師の診断を受けた際に、病院・診療所で薬を貰う代りに『処方せん』を貰い、 その処方せんに基づいて街の保険薬局で薬を調剤してもらう方式の事を言います。
薬剤師があなたの体質や今まで服用した薬の状況などの記録(薬歴)を元に、処方せんに書かれている薬の量や飲み合わせ等を確認の上調剤します。
そして、薬を渡すときに、薬の正しい服用方法、留意点等に行いて、分りやすくあなたに説明することにより、 より一層安全に薬を服用出来ることを目指しています。
このように、医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、協力し合うことでよりよい医療の提供をはかります。

厚生省・日本薬剤師会・千葉県薬剤師会パンフレットより引用