松戸市薬剤師会

薬局と薬剤師

かかりつけ薬局

薬局のイラスト 普段から何でも相談できる顔なじみの薬剤師がいる薬局、それがあなたのかかりつけ薬局です。

薬局では調剤のみではなく市販薬、健康食品、介護の不安心配事  また関連商品など幅広い相談を行っています。

複数の薬局に行くのではなく、いつでも気軽に相談できる薬局 「かかりつけ薬局」を一つ持ちましょう。

 

かかりつけ薬剤師

 複数の医療機関から処方されている薬、健康増進のためにと服用している市販薬、サプリメント類お持ちではありませんか。

薬の飲み合わせで効きめが強くなったり、効きめが弱くなったり、副作用のリスクが高まったり、注意することはたくさんあります。

そんな時普段から薬や健康について相談できる薬剤師がいると安心です。

かかりつけ薬剤師は、薬による治療のこと、健康や介護に関することなどに豊富な知識と経験を持ち、患者さんや生活者のニーズに沿った相談に応じることができます。

あなたのこれまで服用していた薬の情報、現在服用している薬、サプリメント類を把握したうえで薬による治療がより効果的になるようにお手伝いします。

この薬剤師をあなたの「かかりつけ薬剤師」にしたいと思ったら薬局で簡単な手続きをします。ご相談ください。

 「かかりつけ薬剤師」になるには十分な経験が必須となります

   薬剤師として薬局での勤務経験が3年以上

   ・その薬局に週32時間以上勤め、かつ1年以上在籍している

   ・医療に関する地域活動に参画している

 

 

健康サポート薬局

厚生労働大臣が定める一定基準を満たしている薬局として都道府県知事に届け出を行った薬局だけが「健康サポート薬局」と表示することができます。

かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる薬局で皆さんの健康をより幅広く、積極的にサポートします。

健康サポートに必要な専門知識を習得した薬剤師が、相談に応じます

相談内容によって、医療機関での受診の提案や、必要に応じ他の関係機関をご紹介します

専門知識を持った薬剤師が、要指導医薬品や介護用品などの適切な商品選びのお手伝いをします

プライバシーに配慮した相談スペースを用意しています

健康相談に関するイベントを開催しています。イベントにはどなたでも参加いただけます

 

FAX応需薬局

松戸市立総合医療センター、千葉西総合病院の処方せんは薬剤師会々員の142軒(平30年12月現在)の保険薬局で調剤を応需しています。これらの薬局では患者さんの希望により、病院薬局前にある薬剤師会が設置した『ファックスコーナー』より患者さんが希望する薬局にファックスされた処方せんで調剤いたします。 他に希望する地区の保険薬局の名簿、マップ、ファックス番号も用意してあります。 (ただし、用意してあるのは柏、我孫子、野田、流山、船橋、市川の各地区) 処方せんによる調剤は患者さんの希望により、全国どこの保険薬局でも調剤は可能です。希望薬局のファックス番号をコーナーにお知らせください。 本来ファックスやコピーをもとに調剤することは許されていません。 病院で発行された処方せんと必ず交換で薬を貰うことが出来るのです。

ファックスで送った場合も処方せんが発行された日より4日以内に受け取ってください。